So-net無料ブログ作成
検索選択

土浦湖北高バレー部顧問、女子部員にひざげり 尾骨骨折(産経新聞)

 茨城県立土浦湖北高校(土浦市菅谷町、荒野一郎校長)で27日、女子バレーボール部顧問の男性教諭(42)が、部活動の指導中に2年生の女子生徒にひざげりの暴行を加え、鼻を骨折する重傷を負わせていたことが31日、分かった。

 同校は28日、けがをした女子生徒とは別の部員の保護者から連絡を受け、暴行の事実を把握。荒野校長が30日、女子生徒宅を訪れ謝罪した。

 男性教諭は3年生の担任で国語を担当。塙保教頭によると男性教諭は「大変申し訳ないことをしてしまった」と反省しているという。

【関連記事】
学校ミステリー! 子供のけが“西高東低”
柔道技で生徒重傷、教諭は不起訴処分「指導の一環」
酔って高校生の首絞めた農政局職員を起訴猶予に
体罰の部活顧問2人を戒告 宮崎県教委
(12)高校時代、課題にイライラ「壁壊して刀を振り回した」
iPadが上陸

仮想空間事件 「マルチ人脈」で拡大(毎日新聞)
<いたずら>トランクに閉じ込められた!? 警官80人、パトカー数十台出動(毎日新聞)
シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議(医療介護CBニュース)
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。